» 2013 » 12月のブログ記事

現在全身脱毛に利用されている機器は、
フラッシュ脱毛・電気脱毛・レーザー脱毛の3種類と言われています。
これらの機器にはそれぞれ特徴があります。

まず、最も脱毛効果が高いとされているのは、レーザー脱毛です。
効果が高い=威力が強いということであり、
一度に与えられる負担が大きい分、肌へのダメージは
この脱毛法が一番強いといわれています。

ただし、この脱毛方法は、医療機関のみに使用が許されている、
安全性の高いものになっています。
出力は高めですが、永久脱毛の効果への期待大です。

フラッシュ脱毛は、医療機関ではなく、
主にエステなどでよく使用されています。
出力は低く、この脱毛法が肌への負担・影響が一番低いようです。
皮膚が弱めである人には、この脱毛法が推奨されています。

また、色素沈着のある肌には使用できないとも言われ、
色素沈着した肌への使用は、肌のトラブルの原因となりえます。

三つ目の電気脱藻は、医療機関・エステサロンの両面で使用されています。
三つの脱毛法の中で、色素沈着の原因であったり、
肌を傷つけたりする可能性の最も低い脱毛法と言われています。
毛穴一つ一つに針を刺す脱毛法と言われ、痛みを想像させますが、
他の脱毛法と大差はないとされています。

全身脱毛となると、できるだけ肌を傷つけたりというトラブルは避けて通りたい所です。

どの脱毛法も、それぞれに長所や短所があり、
自分の肌質などを考慮してどれを利用するかを決定していくのが得策です。

最近では、格安で質の高い脱毛を提供する全身脱毛の人気が急上昇中です。
自身を磨き続ける方にとって、脱毛はもはや生活の一部でしょう。
しかし、時にはこの全身脱毛で脱毛施術を受けることを
考えなくてはならない時があります。

全身脱毛に使用される脱毛法・レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などは、
毛に直接作用するため、肌に悪影響はありません。
普段の生活の中では気にすることのないものですが、
体の調子が普段の状態じゃないときは、利用を考えなければいけません。

たとえば、妊娠中や授乳中といった場合は、肌に影響がないものでも
受けることを考えなければいけません。
妊娠中や授乳中には、女性はホルモンバランスが崩れます。
そのため、肌もより過敏になり、ちょっとしたことでも
トラブルを発生させる危険が上がるのです。

ホルモンバランスが不安定な時は、全身脱毛での脱毛は
基本行わない事になっており、施術する側も、
そういった理由からお断りしてくるでしょう。

ホルモンバランスという意味では、生理の時期も
ホルモンバランスが崩れることから、脱毛対象外というジャンルに
振り分けられます。

自身を磨き続けている人には不服なことですが、
体のことを第一に考えているからこそ
脱毛施術を受けることができないようになっているのです。

脱毛を再開するには、授乳期間が終わって、
ホルモンバランスが戻るころがよいでしょう。
元に戻るには個人差がありますので、医師に相談して確認してください。

ホルモンバランスが戻るまでは、体に負担のかけない方法を選択しましょう。

最近よく目にする全身脱毛。
ひざ下、わき、Vラインの脱毛だけが当たり前の時代ではなくなりました。
全身の毛が無くなるのは素敵ですが、全身脱毛は痛いのでしょうか。

脱毛方法にはいくつか種類があります。
一つがニードル法、そして残りが光脱毛、レーザー脱毛です。

ニードル法というのは、毛穴にニードルを直接入れ
毛根を焼き切る方法で、1本1本処置していきます。
毛穴にニードルを入れるのですからとても痛く、
そして施術には非常に時間がかかり、料金もとても高額になります。

これに対しレーザー脱毛は、レーザーで肌の上を照射し
毛根を焼き切りますが、一度に多くの箇所を処置でき、
痛みもニードル法に比べればかなり軽減されます。

光脱毛は、レーザーでなく光の照射で毛を抜くもので、
レーザーよりも肌にダメージがないのが特徴です。
レーザーほど威力はないものの痛みがほとんどないのが特徴です。
エステサロンで格安の料金で実施しているところが多いです。

全身脱毛ですが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛が
一般的になったために人気になったと思われます。
ニードル法でしたら、相当の高額で、時間も要するし
痛いので不可能に近いです。

こうやってみてみると、フラッシュ脱毛が痛みが一番ないようですね。

どの脱毛法でも痛みがないとは言ってもそれなりに痛みはあるので、
覚悟が必要です。

医療機関やエステサロンによっては、より痛みを軽減させるため、
軽い麻酔の役割をするジェルを塗ってくれるようなところもありますので、
痛みに弱い人はそういった機関で全身脱毛することがおすすめです。

全身脱毛をする場合は、医療機関や信頼のおけるエステサロンでの処置が
やっぱりオススメです。

自己処理だと色々なトラブルの原因になってしまいます。
自己処理といっても、脱毛器や毛抜きで抜いたり、ワックスで処理したり
方法は様々ですよね。
それらのすべてが問題があるのでしょうか。
自己処理がオススメでない理由を以下にまとめてみました。

まずは、最近人気の家庭用脱毛器。
エステ級のクオリティがあると言われていますが、
パワーが弱く、照射できる範囲も少ないので、
何度やっても毛は生えてきますし、全身脱毛をするのには
恐ろしい時間がかかります。
光やレーザーを何度も浴びせ、肌のダメージにもつながります。

手作業で毛抜きで脱毛する方法もありますね。
毛抜きで抜くと毛が太くなったり、毛が肌の中で丸まり、
取り除けなくなったりして肌がぽつぽつしてしまいます。
永久脱毛はできませんし、全身を抜くのは半永久的に無理だと言えます。

ワックスやテープでの脱毛ですが、いっぺんに多くの部位を脱毛できますが、
肌の表面もはがれて肌のダメージが大きくなります。
そのため、肌の表面が固くなり、ガサガサの肌になってしまいます。

除毛クリームは、自然に毛がなくなり、処置後はツルツルしますが、
薬品を使っての除去なので肌にダメージを与えてしまいます。
特に敏感肌の人にはお勧めではありませんし、永久脱毛することはできません。
このクリームで全身脱毛するのは、怖いですよね。

以上から、全身脱毛をするのであれば少々コストがかかっても
エステや医療機関を利用するのが絶対に後悔しない方法です。

最近、多くのエステサロンの宣伝などでも目にするのが全身脱毛。
全身脱毛とは何かというと、気になる全身のムダ毛を永久脱毛するプランです。

ひざ下やワキなどの毛はもとより、鼻の下のうぶげ、おへそ回りの毛、
お尻の毛、乳輪のまわりのムダ毛など沢山の気になる箇所を脱毛してくれます。
エステサロンや医療機関での全身脱毛は、自分自身での処理とどう違うのでしょうか。

自宅でシェーバーなどでシェーブをすると、まず肌にダメージを与えてしまいます。
また、剃り箇所がざらざらになり、ちくちくしたりしてさわり心地も悪く、
その部分が触れると恥ずかしいですよね。

自宅で、脱毛器を使っての脱毛はどうでしょうか。
最近は、光脱毛などの技術を取り入れたエステのクオリティの脱毛器も
販売されていて人気を博しています。
中には医療機関と同じレーザータイプのものもあります。

これらの脱毛器は、クオリティは同じと謳っていても、安全面を考慮され
パワーはサロンのものとは比較にならないくらい弱いことが多いです。
また、小さいので一度に照射できる範囲はとても小さく、処置に時間がかかります。

この脱毛器で全身を脱毛したとしたら、気の遠くなるくらい
相当の時間がかかってしまうと思いませんか。
また、永久的に脱毛できるかと言ったら、相当の回数を実施しないと難しいでしょう。

また、これら脱毛器の価格は、決して安くはなく、
料金は5万円~8万円程度します。
某エステサロンでは、12万円で全身脱毛が3回できます。
8万円であれば、エステで全身脱毛を2回したのと同じことになってしまいます。

そうすると、脱毛器は決してお得ではないかもしれませんね。

全身脱毛の料金の払い方にはいくつかの方法があります。

最もメジャーな払い方と言われているのが、ローンで払うという方法です。

エステで全身脱毛を受ける場合には美容ローン、医療脱毛の場合は
医療ローンと呼ばれたりもします。
普通の買い物のローンと同じように、毎月指定の口座から
料金が引き落とされていくといったイメージでOKです。

エステのローンよりも医療ローンの方が利率が格安なので
医療ローンが使える医療脱毛にしたという方もいます。

エステには病院にはない肌ケアなどがありますから適切な方を選んでください。

次に都度払いという方法です。

行くたびに払うという方法で、倒産リスクなどに強いのが
都度払いの特徴と言えるでしょう。
ただし最初から決まっている全身脱毛のコースで
都度払いというよりはセレクト脱毛、例えば腕や足の脱毛など
いくつかの脱毛方法を組み合わせて全身脱毛とする場合に
都度払いOKというエステサロンが多いようです。

そして、一括払いです。
無制限コースで一括払いをしてしまえば、後々お金が足りなくなるかもしれない、
お金が足りなくて全身脱毛が中途半端に終わってしまうかもしれないという
心配は必要ありません。

ただし、一括払いをしていると倒産リスクに弱いというデメリットもあります。
もしも倒産してしまった時に払ったけれど脱毛をしていない分のお金が
確実に返ってくるとは言えません。

倒産リスクが少ないと思える、安心できるというのであれば
一括払いも十分に検討の価値はあります。

エステなどで起きる問題のひとつが追加料金に関する問題です。
当初予定していた金額とは違ってどんどん追加料金が発生し、
いつの間にか支払額がとんでもない額になっていたという話もあります。

追加料金については、その内訳がさまざまです。
施設利用料となっていたり、ケア用品を追加料金として
徴収されてしまう可能性もあります。

全身脱毛の場合もサロン・病院で追加料金が発生する場合があります。
ただし、その追加料金も適切な追加料金とそうではない追加料金があります。

たとえば全身脱毛に2年契約で通ったけれどもう1-2回通った方が
しっかりとつるつるの状態になる場合は、追加料金を提示されても
適切と感じる方が多いはずです。

一方で、よくわからない施設の利用料やケア用品などの
追加料金には違和感を感じる方が多いです。
不当な追加料金の徴収を防ぐためには、事前確認がもっとも重要です。

場合によっては契約書に施設利用料などの追加料金が
発生する可能性があると記載していたりもするので、
事前に契約書を読み、その場で確認することが大切と言えるでしょう。

「追加料金はかかるのか」
「どのような場合にかかるのか」
「どれくらいかかるのか」
の3点については全身脱毛を受ける前、全身脱毛の契約をする前に
確認しておいてください。

口頭での確認のみではあとあとトラブルになったときに
裏付けがとれない可能性も高いので、
契約書上はどのような書き方になっているかも
チェックしておいた方がよいです。

全身脱毛の病院やサロンを決めるときには
まず無料相談からというのが一般的です。
無料相談にはさまざまな種類があります。

もっとも病院やサロンの雰囲気がわかるのは対面相談、
もっと手軽にいろいろな病院やサロンに相談したいという方は
電話相談やメール相談がお勧めです。

さて、そんな無料相談で確認しておきたいポイントをお教えします。

無料相談での確認のポイントそれは・・・

何と言っても価格に関してです。
おおよその価格はホームページ上で提示されているとは思いますが、
自分の全身脱毛プランに合わせた価格だと
どれくらいになるのかを確認しなければなりません。

価格の内訳を提示してくれる病院やサロンの方がお勧めです。
内訳を提示してくれない場合、一度は『内訳はどうなっていますか』
と聞いてみてください。

そして、病院やサロンの方針・機械についての説明も
しっかり聞いておきましょう。
全身脱毛はしたいけれど方法は全く知らないというまま
病院やサロンでの無料相談を受けるよりは、
事前にある程度知識を持っていた方が便利です。

レーザー脱毛、ニードル脱毛の違いや病院で行う脱毛と
サロンで行う脱毛の違いは知ったうえで、
全身脱毛の無料カウンセリングに行くのがお勧めです。

まとめると、全身脱毛の無料カウンセリングで聞くべきポイントは
価格体系(内訳も含んだ細かな価格体系)と、施術体系です。
疑問点があれば積極的に質問しましょう。

対面カウンセリングで、その場で疑問点が思いつかない場合は
あとから電話やメールをしてもOKというサロン・病院が多いです。

【脱毛 宮崎】口コミで評価の高い脱毛サロンBest3
宮崎と言えば、南国の町。そんな暖かい町にふさわしい街並みに合う脱毛店をご紹介いたします。
http://www.xn--6btw5az83ahyu.biz

全国に数多くの脱毛サロン・病院があり
それぞれがさまざまな媒体を通して店舗をアピールしています。
全身脱毛をしようと考えたときには、その中からたったひとつの
エステもしくは病院を選ばなければなりません。

そのときに使えるのが無料カウンセリングです。

無料カウンセリングというのは・・・
脱毛エステや脱毛を行っている病院で提供されているサービスで、
名前の通り無料です。
全てのエステ・病院で行われているわけではありませんが
無料カウンセリングサービスを持っているエステや病院は
非常に多くあります。

では、その無料カウンセリングでいったい何をするのでしょうか。

まずひとつは疑問点をなくしてもらいます。
全身脱毛に限らず、脱毛についてあまりわからないという方も
多くいらっしゃいます。
それは、一言にレーザー脱毛といってもエステ毎に使っている
システムが違ったりして、ホームページ上だけでは
わからないこともたくさんあるから仕方ありません。

その疑問点をなくすために無料カウンセリングがあります。

詳しい料金体系やローンについて、そして今あるこの無駄毛を
どのように処理してどのような状態になりたいのかといった
具体的なプランを話していきます。

肌が弱かったりほかに持病がある場合なども
この無料カウンセリングで話しておくことで
あとあとのトラブルを防げます。

無料カウンセリングは実際に会って受けることも出来ますが
電話やメールで受け付けているところも多いです。
自分の時間や予定に合わせて、慎重に全身脱毛のサロン
病院選びをしてください。

人気爆発!宮崎女子が選ぶ脱毛サロン
今や口コミで大人気になった人気爆発!接客マナーも宮崎NO.1の癒されるサロンへようこそ
http://www.xn--6btw5az83ahyu.biz/

全身脱毛は数年間かけてゆっくりと行うのが特徴です。
そんな全身脱毛の副作用を見ていきます。

まず、脱毛している方の多くが感じる副作用が
『肌が乾燥する』というものです。
レーザーやニードルで毛根の組織を破壊しているので
肌には当然脱毛は良くありません。

もともとは、毛が生えている状態が普通なのです。
現代の人間は服を着ますので、体毛の必要性はそれほどありませんが、
まだ今ほど服という文化がなかった時代には寒さから身を守る毛が必要でした。
毛が生えている状態、つまり本来の自然な状態を変えるので
その影響が出るのはやむを得ません。

脱毛終了後しばらく肌が乾燥して皮がむけやすくなったという
トラブルは非常に多いです。
そのため、脱毛をするエステや医療機関では肌の乾燥を抑える
クリームなどで対処しています。
自分でも保湿ケアを欠かさないのがお勧めです。

また、人によっては一時的に毛が太くなったり
毛が増えたりすることもあります。
ただしこれは一時的な現象なので、それほど気にすることではありません。

ほかに、もともと体が弱かったり持病がある場合、
アレルギーがある場合などは念のため事前に相談してから
全身脱毛に臨んだ方が良いです。

全身脱毛にしても一部の脱毛にしても
脱毛前には必ずカウンセリングがあります。
カウンセリングの際にはわからないことを聞いてみるのはもちろん、
自分の体質や肌質に合った脱毛方法を探すチャンスにもなります。

カウンセリングを上手に利用して自分に合った脱毛を選びましょう。