最近よく目にする全身脱毛。
ひざ下、わき、Vラインの脱毛だけが当たり前の時代ではなくなりました。
全身の毛が無くなるのは素敵ですが、全身脱毛は痛いのでしょうか。

脱毛方法にはいくつか種類があります。
一つがニードル法、そして残りが光脱毛、レーザー脱毛です。

ニードル法というのは、毛穴にニードルを直接入れ
毛根を焼き切る方法で、1本1本処置していきます。
毛穴にニードルを入れるのですからとても痛く、
そして施術には非常に時間がかかり、料金もとても高額になります。

これに対しレーザー脱毛は、レーザーで肌の上を照射し
毛根を焼き切りますが、一度に多くの箇所を処置でき、
痛みもニードル法に比べればかなり軽減されます。

光脱毛は、レーザーでなく光の照射で毛を抜くもので、
レーザーよりも肌にダメージがないのが特徴です。
レーザーほど威力はないものの痛みがほとんどないのが特徴です。
エステサロンで格安の料金で実施しているところが多いです。

全身脱毛ですが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛が
一般的になったために人気になったと思われます。
ニードル法でしたら、相当の高額で、時間も要するし
痛いので不可能に近いです。

こうやってみてみると、フラッシュ脱毛が痛みが一番ないようですね。

どの脱毛法でも痛みがないとは言ってもそれなりに痛みはあるので、
覚悟が必要です。

医療機関やエステサロンによっては、より痛みを軽減させるため、
軽い麻酔の役割をするジェルを塗ってくれるようなところもありますので、
痛みに弱い人はそういった機関で全身脱毛することがおすすめです。