現在全身脱毛に利用されている機器は、
フラッシュ脱毛・電気脱毛・レーザー脱毛の3種類と言われています。
これらの機器にはそれぞれ特徴があります。

まず、最も脱毛効果が高いとされているのは、レーザー脱毛です。
効果が高い=威力が強いということであり、
一度に与えられる負担が大きい分、肌へのダメージは
この脱毛法が一番強いといわれています。

ただし、この脱毛方法は、医療機関のみに使用が許されている、
安全性の高いものになっています。
出力は高めですが、永久脱毛の効果への期待大です。

フラッシュ脱毛は、医療機関ではなく、
主にエステなどでよく使用されています。
出力は低く、この脱毛法が肌への負担・影響が一番低いようです。
皮膚が弱めである人には、この脱毛法が推奨されています。

また、色素沈着のある肌には使用できないとも言われ、
色素沈着した肌への使用は、肌のトラブルの原因となりえます。

三つ目の電気脱藻は、医療機関・エステサロンの両面で使用されています。
三つの脱毛法の中で、色素沈着の原因であったり、
肌を傷つけたりする可能性の最も低い脱毛法と言われています。
毛穴一つ一つに針を刺す脱毛法と言われ、痛みを想像させますが、
他の脱毛法と大差はないとされています。

全身脱毛となると、できるだけ肌を傷つけたりというトラブルは避けて通りたい所です。

どの脱毛法も、それぞれに長所や短所があり、
自分の肌質などを考慮してどれを利用するかを決定していくのが得策です。